ペットとの楽しい生活を送る人生プラン|小さなパートナーケア

犬

ガンにかかる恐れ

犬の癌の種類と治療と飼い主

犬

犬の癌にはどのようなものがあるのでしょう。 人間と同じで犬も癌になります。種類としては、脳腫瘍、骨肉腫、腎臓癌、膀胱癌、肺がんなど様々です。最近では、動物病院も機器や医療が発展してきていますし、飼い主さんの考え方も家族としてみますので、治療方法も様々です。治療の方法としては、手術や抗がん剤などの化学薬物療法、放射線療法、免疫療法、マッサージやお灸やハーブなどの代替療法があります。 犬は我慢する動物ですので、早期発見が早い方が良いですが、進行してからの発見が多いようです。3ヶ月や半年の定期検診などを受けてる犬は、早期発見できますが、元気に見えるからといって何かないと病院に行かない犬だと発見が遅れて治療ができないということもあります。早期発見を心がけましょう。

診断結果で病気だったら

犬が癌と診断されたら、獣医の指示に従うか、延命治療をしないか判断するのは飼い主さんです。症状としては、体重の減少、食欲不振、リンパ節の腫れ、運動を嫌がる、ぐったりして元気がない、しこりなどがあり、犬を見て飼い主さんが判断して病院に連れて行くと思います。薬で信仰を送られる治療もありますが、薬を使うと副作用がありますし、自然療法での治療もあります。 食事療法や、サプリメント、ハーブ、アロマ、マッサージなどでリラックスさせることもできます。犬に合わせて治療します。 犬が癌になると飼い主さんの体にも精神にも影響がありますので、飼い主さんのケアも大事になってきます。 動物も家族なので、人間同様病気についても考えたいものです。